大工村

大工村公式ブログ

イベント 結果報告の記事

【報告】第1回暮らしの海つなぐマルシェ 渚の交流館

9月16日(日)に「第1回暮らしの海つなぐマルシェ」が

渚の交流館の西側にある福田漁港交流広場"ふくっぱ"で開催されました。

本日はその模様をイベントに参加されたご家族や大工村のスタッフさんのお話も交えてご紹介します。

P9160002.jpg

P9160350.jpg

渚の交流館の隣には、高さ約15メートルの津波避難タワーもあり

海と防災をテーマにした今回のイベントに、ぴったりの会場です。

P9160094.jpg

消防車の展示もあり、お子さんたちが運転席に座ったり、荷台部分に上がったりと大好評。

お母さんやお父さんが写真をたくさん撮っていました。

P9160012.jpg

マルシェということで、飲食や雑貨などの出店も多いイベントです。

P9160376.jpg

ほかにも、ペットとの防災についても考えてもらいたいとの思いから

ワンちゃんのためのお洋服やおやつを販売しているショップも。

P9160057.jpg

ステージも設けられ、キッズダンスも開催。

みんな元気いっぱいで音楽に合わせて踊っていました。

P9160256.jpg

遠州地域を中心に活動している大工さんや工務店さんのNPO法人・大工村では

家づくりを通して、みなさんの暮らしや街づくりに貢献しよう

という思いを持って活動しています。

大工村の川合伯員(かわい・のりかず)村長は

「以前に、"森"でイベントを行なったので、今回は"海"で実施しました。

最近では災害が多いので、このようなイベントを通して防災意識を高めてもらったり

海や山といった自然環境についても関心を持ってもらえたら」

と語ってくれました。

P9160179.jpg

P9160233.jpg

おもちゃの物々交換と防災プログラムを組み合わせた

楽しみながら学べる「イザ!カエルキャラバン!」も同時に開催。

今回は、水消火器で的あてゲームを実施しました。

P9160063.jpg

ご家族みんなで遊びにいらしたお母さんにお話をうかがってみました。

「こういったイベントに出掛けるのが好きで、以前には"こども工務店"にも参加したことがあります。

今回のイベントは、保育園で配られたチラシで知りました。

ゲーム感覚で消化器の使い方を学べるのは良いですね。子供たちも、とても楽しんでいました」

と話してくださいました。

P9160109.jpg

娘さんとそのお友達と一緒に参加されたお母さんは

「友人がこのイベントに出店していたので、遊びに来てみました。

子供たちと一緒に消化器を使って実際に体験できたので良かったです。

自宅でも水や食料の備蓄やキャンプ用のコンロを用意するなどしています」

と普段の防災意識についても語ってくださいました。

P9160134.jpg

P9160261.jpg

参加された大工村のスタッフさんにもインタビューしてみました。

「今回は、家づくりの無料相談スペースとして出店しています。

ライフプランをしっかりと考慮して、省エネなど性能の高い家づくりを行なっています」

と、平松建築の小野達哉さん。

P9160044.jpg

P9160049.jpg

「木や金具、シールを組み合わせてロボットづくりができるワークショップで参加しています。

自分の好きな色を選んだり、組み合わせたりできるので、喜んでもらえています」

と、山本建築の山本真毅さん。

P9160164.jpg

P9160287.jpg

「大工体験ができるように、材木と合わせて、釘や金づち、のこぎりなどを用意しました。

ものづくりの楽しさを味わってもらえたらと思っています」

と、くれよんハウスの竹ノ内俊之さん。

P9160120.jpg

内容盛りだくさんのイベントで、みなさんの笑顔や歓声があふれる一日となりました。

ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました!

NPO法人・大工村では、今後も定期的に

大工さんたちと一緒に家づくり体験ができる「こども工務店」や

楽しく学べる防災プログラム「イザ!カエルキャラバン!」などのイベントを行なっていきます。

今後の活動の詳しい情報を知りたい方は「大工村」のフェイスブックに「いいね!」をすると

タイムラインに「大工村」の最新情報が掲載されるので、とっても便利ですよ。

そのほかにメールマガジンも配信中です。ぜひ登録してみてくださいね。


今後の活動や最新情報は:「大工村」フェイスブック

メールマガジンも配信中:大工村便り

過去のイベントの模様:イベント 結果報告

【報告】2日目 木の香りの七夕短冊作り

もうすぐ、七夕ですね。

一年に一度、おり姫さまとひこ星さまが天の川をわたって出会える日。

また、短冊(たんざく)に願いごとを書いて飾る日でもあります。

お母さんやお父さんの願いごとは何ですか?そして、お子さんたちの願いごとは何ですか?

P7010053.jpg

P7010341.jpg

大工村では、七夕をちょっと先取りして、

6月30日・7月1日と2日間にわたり「木の香りの七夕短冊作り」を

イオンモール浜松市野店1階のシフォニーコートで開催しました。

本日は、7月1日(日)に行なわれたイベントの模様をお伝えします。

P7010141.jpg

P7010233.jpg

まず初めに、ヒノキの材木にそれぞれの願いごとを書きます。

「はやくはしれますように」

「ようちえんのせんせいになりたい」

「おおきくなれますように」

「すいえいをがんばりたい」

「いっぱい友だちができますように」

「サッカーせんしゅになれますように」

みんな、いろいろな願いごとや夢を書いてくれました!みんなの願いごとや夢が叶いますように!

P7010062.jpg

P7010247.jpg

次にヒノキの材木を薄く削るカンナで、大工さんが短冊にしてくれます。

不思議そうな顔をしながら、また驚いたように目を丸くしながら

大工さんの技を見つめるお子さんたちが大勢いました!!

特に削り取った後には、木の香りが広がるのもポイントです。

「香りがイイですね~!」と、参加してくれたお母さんもコメントをくださいました。

P7010274.jpg

P7010033.jpg

次は、短冊にシールやテープを貼ったり、折り紙で吹き流しや提灯(ちょうちん)を作ったり。

オリジナリティーのあふれる短冊が、たくさん仕上がっていました!

P7010006.jpg

P7010154.jpg

短冊作りやその他の出展ブースに参加すると

笑顔がたくさん詰まった大きな天の川が完成するパズルのピースが配られます。

1日目には、1/3くらいが仕上がりました。

さて、2日目の終わりまでは、全てのピースがそろうのでしょうか。

P7010104.jpg

P7010332.jpg

ちなみに、こちらのパネル前は、記念撮影のスペースにも。

みんな素敵な笑顔で、お母さんやお父さんに写真を撮ってもらっていました。

インスタ映え間違いなしのスポットですね!

P7010029.jpg

P7010085.jpg

大工さんと一緒に七夕の短冊を作るイベントの他にも

チョウチョやクワガタ、カブトムシ、セミが描かれた

木の板を釣って遊ぶ「もりのつりぼり」や

紙ヤスリで木を削ったり、シールを貼ったりして、サイコロ作りができるブースも。

P7010174.jpg

P7010347.jpg

「光る泥だんご」作りや「モルタルアート体験」など

お子さんと一緒に、お母さんやお父さんも楽しめる体験ブースもあり、盛りだくさんの内容です。

P7010117.jpg

イベントでは同時に、カホンプロジェクトも開催しました。

カホンとは、中南米で生まれた箱型の打楽器です。

そして、カホンプロジェクトとは、地元の木材を使って、カホンを作るという

全国でも展開しているプロジェクトです。

P7010442.jpg

もの作りの楽しさ、木に触れ合う楽しさ、音を出す楽しさを味わえて

地元の森林や地域の人々をつなぐ企画として注目を集めています。

今回も何組ものご家族の方々が、地元の天竜杉を使ったカホン作りに参加してくれました!

P7010435.jpg

カホン作りの後には、ドラマー・パーカッショニストの山内伸さんの木の楽器コンサートも。

リトル・マーメイドの「アンダー・ザ・シー」や

「おどるポンポコリン」、星野源さんの「ドラえもん」などが演奏されました。

カホン作りに参加してくれた方々との合奏もあり、大盛り上がり!

P7010112.jpg

「今回、初めて自分でもカホン作りに挑戦してみました。

コンパクトですが、しっかりと低音も出ますね。

こういったイベントに参加して、カホンを広めることができて良かったです」

と、山内さんも嬉しそうに語ってくれました。

P7010477.jpg

最終的には、みんなの笑顔がたくさん詰まった大きな天の川のパネルも完成!

イベントに参加してくれた多くのご家族のみなさん、誠にありがとうございました!

遠州地域を中心に活動している大工さんや工務店さんのNPO法人・大工村では

今後も定期的に、家づくりが体験できる「こども工務店」や

防災について楽しく学べる「イザ!カエルキャラバン!」など

各種のイベントや企画を行なっていきます。

今後の活動の詳しい情報を知りたい方は「大工村」のフェイスブックに「いいね!」をすると

タイムラインに「大工村」の最新情報が掲載されるので、とっても便利ですよ。

そのほかにメールマガジンも配信中です。ぜひ登録してみてくださいね。


今後の活動や最新情報:「大工村」フェイスブック

メールマガジンも配信中:大工村便り

過去のイベントの模様:イベント 結果報告

【報告】第7回 遠州 大工職人まつり

5月19日(土)に「第7回 遠州 大工職人まつり」が

磐田市合代島にある大工村で開催されました。

家族やお友達と一緒に楽しみながら、防災の知識が学べる

イザ!カエルキャラバンをはじめとして、電動バイク体験、カンナの薄けずり大会、なげなげ大会など

内容たっぷりのイベントとなりました。今回は、その模様をお伝えしたいと思います。

P5190267.jpg

P5190154.jpg

広大な会場では、さまざまなイベントとともに、飲食や雑貨など多くの出店者さんたちも。

どこのブースも多くの来場者さんたちで、にぎわっていました。

P5190292.jpg

駐車場から会場までは、2階建てのロンドンバスなどによる送迎も!

普段では、見ることも乗ることも珍しいロンドンバスで

写真撮影する人たちも、たくさんいらっしゃいました。

P5190280.jpg

「第7回 遠州 大工職人まつり」の司会・進行を務めてくださったのは、高橋茉奈さんと久保ひとみさん。

年に一度の大きなイベントをさらに盛り上げていただきました!

ステージ上では、ライブやキッズダンス、大声コンテストなども開催しました。

P5190123.jpg

会場内では、電気の電車ドクターイエローも。お母さんやお父さんと一緒に乗車して出発進行!

P5190141.jpg

P5190142.jpg

ほかにも、3歳から小学校低学年までを対象にした電気バイクの体験も。

乗り物好きなお子さんたちも大満足のブースです。

P5190191.jpg

P5190242.jpg

イラストレーターさんと一緒に、地面にお絵かきをした後にはみんなで泡パーティー!!

お子さんたちの楽しい歓声やいっぱいの笑顔で、大盛り上がりでした!!

P5190090.jpg

楽しく防災の知識を身につけられるイザ!カエルキャラバンも各種のプログラムをご用意。

イザ!カエルキャラバンは、楽しくアレンジした防災プログラムと

おもちゃの物々交換を組み合わせた防災イベントです。

P5190102.jpg

防災プログラムに参加したり、遊ばなくなったおもちゃを持っていったりすることで

ポイントがたまります。そのポイントで、おもちゃのオークションに参加できるようになっています。

P5190040.jpg

水消火器で的あてゲームでは、消化器の使い方や手順、的をねらう技術を学べます。

P5190112.jpg

ジャッキアップゲームでは、救助の際に重いタンスなどを持ち上げるのに

有効な道具のジャッキの使い方を学べるプログラムです。

P5190106.jpg

防災カードゲーム・なまずの学校では

紙芝居形式で出題される災害時のトラブルを手持ちのカードを使って解決していきます。

災害時のトラブルと解決方法を学べるプログラムです。

P5190319.jpg

そのほかに、バケツリレーや紙食器づくりのプログラムも。

そして最後には、たまったポイントを使って、おもちゃのオークション!

欲しいおもちゃとポイントを交換できたかな?

P5190438.jpg

さて、イベントも終盤です。

午前中には、お子さんたち向けのお菓子投げがありましたが

午後には、お肉やお魚、お野菜も宙を舞う、なげなげ大会です。

大量の食材が、多くのみなさんの手に渡っていきました!!

P5190573.jpg

さまざまなイベントや体験ブース、各種のショップの出展など

内容たっぷりの「第7回 遠州 大工職人まつり」も無事に終了。

ご来場のみなさん、誠にありがとうございました!!

P5190354.jpg

遠州地域の大工さんや工務店さんの中心としたNPO法人・大工村では

家づくりを通して、災害に強い町づくりに貢献できたらと思っています。

また、イザ!カエルキャラバンといった防災イベントを通して

「イザ」という時のための知識や技術も広めていけたらと考えています。

NPO法人・大工村では、今後も定期的にさまざまなイベントや企画を行なっていきます。

6月30日(土)・7月1日(日)には「七夕イベント」をイオンモール市野で開催します。

ぜひ、ご家族みなさんで遊びに来てくださいね!

今後の活動の詳しい情報を知りたい方は「大工村」のフェイスブックに「いいね!」をすると

タイムラインに「大工村」の最新情報が掲載されるので、とっても便利ですよ。

そのほかにメールマガジンも配信中です。ぜひ登録してみてくださいね。


今後の活動や最新情報は:「大工村」フェイスブック

メールマガジンも配信中:大工村便り

みんなの笑顔がいっぱい!過去のイベントの模様:イベント 結果報告

さくら咲く学校~暮らしの森つなぐマルシェ2日目~行ってきました(^o^)/

こんにちは(*^▽^*)

さくら咲く学校。それは本当に、山に囲まれた学校そのものでした!!

山の中にポッカリと丸く穴が空いたように小学校があって、学校へ入る少し急な坂道は、入学式に新一年生が胸をドキドキさせて歩いていたのかな、、、(*´▽`*)

そして、かつては運動場として使われていた場所にたくさんのお店が賑やかに並んでいました(^^♪

なんだか懐かしい雰囲気。それが第一印象!

今回は子どもに戻った気分で、見てまわってみました(*^-^*)さくら咲く学校校舎より望む.JPG

やっぱりまずは、スイーツ(@^^)/~

そして腹ごしらえ~~どれも美味!!!つい色々食べたくなっちゃいます(^^ゞ

子どもたちが簡単に気軽に体験できるお店もたくさんあり、皆さん楽しんでいました!

さて、学校の中へ。。。とまず入口から、懐かしい感じの靴箱!

円柱の柱にソファのように椅子があり、これはなんか『昭和』っぽさが出ていました(^o^)/

ちょっと奥が薄暗い廊下に、踊り場のある階段。

うわぁ~~!小学校だぁ~!!!!ってそれだけで感無量(#^^#)

二階へ上がるとやってました!授業です!!さくら咲く学校授業風景.JPG

教室が見えるように扉も開いていて何ともオープンな授業スタイル。

机も一人づつ斜めに置かれていて、生徒も年齢様々!

皆さん真剣に授業を聞いていました。

その隣では、イザカエルキャラバンの看板が!!!(^O^)/さくら咲く学校スリッパ作り.JPG

イザカエルキャラバンでは、防災カードゲームと防災スリッパ作りをやっていました。

優しく丁寧に教えて下さり、なぜ新聞紙でスリッパを作るのか教えて頂きました。

被災した時は割れたガラスがあちらこちらに落ちていて、このスリッパが作れると助かるんだよ、と(^o^)/

へ~そうなんだぁって、普段学校では学べないことも無料で学べちゃうんです!

大工村住民カード.JPG

しかも『大工村住民カード』というスタンプカードももらえて、職人スタンプまで押してもらい、なんだか子どもたちも得意げになっちゃいます(*^^)v

このスタンプカード、来月の5/19(土)に開催される大工職人まつりでも大活躍しちゃうんですよ(^^♪お持ちの方はぜひ持ってきて下さいね!

イザカエルキャラバンの教室は、この日ものすごく暑い日だったのもあり、涼しく快適に大人は休憩できちゃいました(*^_^*)

まだ4月だというのに、本当に気温も高い日で、冷たくて美味しいドリンクがよく売れていました(^^♪

かき氷もちょうどいいくらい!でも、子どもたちは元気(^o^)/

大工村の大工さんや、家作りに関わるプロ集団の皆さんも、子どもたちの笑顔に元気をもらったのではないでしょうか(*^▽^*)

皆さん、普段お仕事されている時とは違った表情で、この森の中の学校を楽しんでいるように感じました(^^)/

そんな双方が普段の生活から一歩離れて、楽しむことが出来た『さくら咲く学校~暮らしの森つなぐマルシェ』。

参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました(*^-^*)

町と森をつなぐ、沢山の皆さんとつながる、新しい出会いに感謝の気持ちを忘れずに、

大工村として次へつなげていきたいと思います\(^o^)/

【報告】1日目 第2回暮らしの森つなぐマルシェ さくら咲く学校

4月21日・22日と2日間にわたって、「第2回暮らしの森つなぐマルシェ」が

さくら咲く学校(旧・掛川市立原泉小学校)で開催されました。

P4210003.jpg

"森を身近に感じ、森と樹と暮らしをつなぐ"をテーマにしたイベントです。

会場には、さまざまなショップやセミナー、体験ブースなどが出展し大盛り上がりでした。

本日は、21日(土)の模様を大工村のスタッフさんのお話も交えてお伝えします。

P4210004.jpg

普段はイオンやららぽーとなどでイベントを実施しているNPO法人の大工村。

今回は豊かな自然に囲まれた会場にしたイベントに参加しました。

大工村では家づくりを通して、みなさんの暮らしや街づくりに貢献しよう

という思いを持って活動しています。

P4210036.jpg

家づくりでは、多くの木々も使われ、森や山といった自然との結び付きも深く

森と暮らし、森と街、森と人々をつなぐイベント

「暮らしの森つなぐマルシェ」に大きく重なる部分があります。

P4210191.jpg

その辺りを詳しく大工村の川合伯員(かわい・のりかず)村長に聞いてみました。

「こども工務店やイザカエルキャラバンなど、お子さんを中心にしたイベントを通して

ご家族での防災意識や地震に強い家づくりなどを考えてもらえたら。

また、お子さんたちには、シンプルにものづくりの楽しさや喜びを味わってもらいたいですね」

P4210236.jpg

「強い家づくりから強い街づくり、そして地域のコミュニティーづくりなど

さまざまな形で、地元の大工さんや職人さんが集まっている大工村として

今後も継続して情報発信や活動をしていきたいと思っています」と熱く語ってくれました。

P4210219.jpg

大工村では、各種のブースの出展とともに、お菓子まきのイベントも実施。

小さなお友達がたくさん集まってくれました。誠にありがとうございます!

それでは、他の大工村のスタッフのみなさんにもお話を聞いてみましょう。

P4210043.jpg

P4210057.jpg

グランドとは別に校舎内で開催している「安心・暮らしの授業」でも

先生の一人として授業を行なった平松建築の平松明展さん。

「子供たちや次の世代につながるような家づくりをしています。

医療や食事と同様に住まいというのは非常に大切なので、しっかりと勉強が必要です」

と、その思いを伝えてくれました。

P4210126.jpg

P4210453.jpg

校舎内では、楽しみながら学べる防災イベント「イザ!カエルキャラバン!」も。

紙芝居とアイテムカードを組み合わせて、震災時のトラブルなど知ったり、解決方法を学んだり。

ほかにも地震で食器が割れたり、水が不足して洗い物ができなかったりする場合に

とっても役立つ、新聞紙などを利用した紙食器づくりも勉強できます。

P4210073.jpg

P4210361.jpg

「秘密基地のような隠れ家としても、防災のための備蓄倉庫としても使える

ククハウスを用意してみました。

普段からアウトドアが好きなので、こういった自然の中のイベントは楽しいですね」

と、安達建設の安達浩之さん。

P4210076.jpg

P4210081.jpg

山本建築の山本真毅さんは

「緑の豊かなイベント会場に合わせて、多肉植物を飾れるグラスサンドアートで出展してみました。

お子さんたちが選ぶ自由な発想の色の使い方や彩りには非常に驚きますし、勉強になります」

と、答えてくれました。

P4210329.jpg

P4210100.jpg

「ただ住むためだけの家ではなく、生活や趣味を楽しめる家づくりを目指しています。

今回はお菓子やミニゲームを用意して、みなさんに楽しんでもらおうと思っています」

と、永太建工のスタッフさんたち。

P4210114.jpg

多くの飲食や雑貨のショップも並び、足を運んでくださったみなさんも

豊かな自然に囲まれた環境で開かれているイベントを満喫されているようでした!

P4210017.jpg

遠州地域を中心に活動している大工さんや工務店さんのNPO法人・大工村では

今後も定期的にイベントや企画を行なっていきます。

5月19日(土)には「遠州大工職人まつり」を開催します。

ぜひ、ご家族みなさんで遊びに来てくださいね!

今後の活動の詳しい情報を知りたい方は「大工村」のフェイスブックに「いいね!」をすると

タイムラインに「大工村」の最新情報が掲載されるので、とっても便利ですよ。

そのほかにメールマガジンも配信中です。ぜひ登録してみてくださいね。


もうすぐ、600「いいね!」今後の活動や最新情報は:「大工村」フェイスブック

登録者数1100人突破!メールマガジンも配信中:大工村便り

みんなの笑顔がいっぱい!過去のイベントの模様:イベント 結果報告

1  2  3  4  5  6  7