大工村

家作り用語集
長押(なげし)
長押とは、長が押し(ながおし)の略で、柱を両側から挟み込むように水平に固定された木材を本来長押と呼びます。その高さや方向によって色々な呼び方が有り、建物を強固にする構造のものです。 しかし、現在の住宅などで呼ばれている長押は付長押(つけなげし)が殆んどで、本来の建物の構造的役割はなく、鴨居の上部など、和室の上部周囲に鴨居と直角に取り付けられる化粧材の事を言います。
カテゴリー