大工村

家作り用語集
目透かし天井
目透かし天井とは、和室の天井の施工方法の一種で、天井の板をぴったり合わさず、板と板との間にすき間を作って張る方法のことを指します。和室の天井の仕上げ方には、格天井、竿縁天井、目透かし天井など、いくつかの方法があります。その中でも最近多く使用されるのがこの目透かし天井もしくは竿縁天井です。 目透かし天井は、「目透かし張り」や「打上げ天井」とも言われ、板を受ける「受け」が室内側にないため、フラットでシンプルな仕上がりとなります。
カテゴリー