大工村

家作り用語集
床脇(とこわき)
床脇とは、床の間の横にある、さまざまな棚を組み合わせた装飾的な空間の総称を指します。棚の付け方、天袋・地袋の有無や形、大きさなどによって、意匠の変化は無数にあります。 棚の形式は、左右の壁から段違いに張り出して小さな束(海老束)でつなげる違い棚が一般的。載せた物などが落ちないように棚板の縁につけた鳥や波の形をした木を筆返しといいます。床の間との境の壁に狆潜(ちんくぐ)りや洞口(ほらぐち)などの吹抜けをつけるタイプもあります。
カテゴリー