大工村

家作り用語集

な行の記事

納戸
納戸とは、開口部の採光面積など建築基準法で定める居室として認められない部屋のことです。ある程度の作業スペースが取れる広さを持っており、サービスルームと呼ばれる場合もあります。 ウォークインクローゼットなども納戸の一種で、間取り図上では「S」や「F」と表示される事が多いです。
24時間換気システム
24時間換気システムとは、窓や扉を開けるなどの自然な換気とは異なり、ファンなどの機器を使い屋外の空気を取り込んで、室内の空気を24時間入れ替えるシステムのことです。センサーやタイマーなどでファンが自動作動し、必要な量の換気を行います。一般的な住宅における必要な換気は1時間に0.5回とされており、最近ではシックハウス症候群の問題も重要視され、換気量や換気回数が非常に重要になってきています。 2003年の改正建築基準法により、近年の住宅の高気密・高断熱化にともない、機密性の低い在来木造住宅などを除き、換気システムの設置が義務づけられています。
ニッチ
ニッチとは、廊下やホールの壁をくりぬいて作る飾り棚のことです。小物や絵などの飾り棚として利用するために、壁の一部をへこませた部分を設けます。住宅の雰囲気作りに、ニッチに花や写真などを飾ったり、照明を当ててライトアップしたりします。
布基礎
布基礎とは、何本もある柱の下を連続した基礎梁で帯状につないだもので、壁の長さ方向に連続した基礎です。 通常、地盤の強度や、住宅の規模、構造などにより、どのような基礎にするかを決めますが、木造建築でもっとも多く採られているのが布基礎です。鉄筋の入れ方や、逆T型のサイズなどについては、建築基準法などで、細かい規定が設けられています。
ぬれ縁
ぬれ縁とは、屋根や壁などがなく、建物の外側に設けられる雨ざらしの縁側のことを言います。風雨を防ぐ璧などがなく、雨に濡れてしまうことからこの名前がつきました。 建物の壁面と平行に縁板をはる室内の縁側とは異なり、壁面に対して直角方向に縁板を張ることが一般的です。「雨縁」「縁」ということもあります。 従来は、幅の狭いものが多かったのですが、最近では比較的幅の広いタイプであったり、エクステリア商品として、後付けタイプのものが多く売られています。