大工村

家作り用語集
広縁
広縁とは、一般的に幅の広い縁側のことを言います。和室の外側に設けられた細長い板敷きの部分のことを縁、縁側といい、幅の広い縁を広縁と呼びます。一般的な縁側の幅は3尺(91cm)程度ですが、広縁は4尺(120cm)以上の幅のものを指します。 広縁を設ける事で、座敷に開放的な空間を持たせ、外の日差しが入るので、畳が傷むのを防ぐなどの効果が有ります。
カテゴリー