大工村

家作り用語集
耐震構造
耐震構造は地震力に対し、柱、梁や壁などの基本構造体を強化し、耐える設計をされた構造の事を言います。1981年以降の建築基準法では、新耐震設計として、大地震でも建物が倒壊することなく人命を守れることを最低限のレベルにしています。 耐震構造の建造物は、大地震時に構造物が崩壊しないことを前提に作られているため、部分的に壊れることを許容した構造で、強くつくればつくるほど建物は強い地震力を受け、家具等の転倒が起こりやすくなります。 耐震構造が直接揺れを受ける構造なのに対し、免震構造では揺れを土台から回避することを目的としています。 コスト的には耐震構造、制震構造、免震構造の順に高価になります。
カテゴリー