大工村

家作り用語集

内装・間取り・用語の記事

アンカーボルト
アンカーボルトとは構造物の柱や土台をコンクリート基礎に定着するために基礎に埋め込んで用いるボルトのことを言います。建物が風圧や地震などで力を受けることで基礎から外れたり、風圧で持ち上げられることがないよう土台と基礎を固定する重要な部品です。
ガラリ
ガラリとは、羽板をすきまをあけて羽重ね状に並べて取り付けたものです。目隠し・日照調整・換気・通風などができるため、洗面所や浴室、クローゼットに用いられることが多いです。
竿縁(さおぶち)天井
竿縁天井とは、 天井板を竿縁と呼ばれる細い仕上げ材にのせて天井を張るやり方です。 竿縁は天井板を支える役目だけでなく、化粧材としての役割も果たしている機能的で美しい天井です。
耐震壁
耐震壁とは、構造物が地震力を受けた場合に、その構造物の壁のうちで、地震力を分担し、耐震的に効果のある壁体のことを言います。 筋交い(筋違い)や構造用合板などを用いて、横揺れに対抗できる強度を確保しています。
長押(なげし)
長押とは、長が押し(ながおし)の略で、柱を両側から挟み込むように水平に固定された木材を本来長押と呼びます。その高さや方向によって色々な呼び方が有り、建物を強固にする構造のものです。 しかし、現在の住宅などで呼ばれている長押は付長押(つけなげし)が殆んどで、本来の建物の構造的役割はなく、鴨居の上部など、和室の上部周囲に鴨居と直角に取り付けられる化粧材の事を言います。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11