大工村

大工村公式ブログ
<ご報告>微笑こども園さんでイザ!カエルキャラバンを開催

こんにちは!

 

いつも配信を読んでいただきありがとうございます。

新しい生活様式が馴染んできた私たちの日常生活で2度目の夏を迎えようとしています。家づくりのことをきっかけに地域のみなさんとの触れ合いを続けている大工村にとって、今年2回目になるイザ!カエルキャラバンが実施できたことはとっても嬉しいことでした!

 

そこで、今回もお子さんたちの頑張りの笑顔とともに、ノリさんから報告を聞きましたのでお伝えさせていただきますね(^ ^)

 

======

 

こんにちは、大工村 理事長のノリさんです!

6月中旬に湖西市の微笑こども園さんでイザ!カエルキャラバンを実施してきましたよ。

嬉しいことに、微笑こども園さんのブログでも紹介してくれますのでみてくださいね。

https://bishou-kodomo.com/days/716

 

バケツリレーや消火作業をやっていただきますが、参加するお子さんは毎回違うのでその時々でお子さんたちの特徴は本当にさまざま。

今回のお子さんたちはバケツリレーがうまく難しかったようで、スタートとゴールにバケツが集まり過ぎてしまう事態に!サポートする私たちも対応力が鍛えられていて、本当の意味で遊びながら体験できるいい機会になりました!

 

いざ、地震が起きたらと思うと、どうしても想定外のことが起きるでしょうからその訓練になりましたよ!

 

 

======

 

お子さんたちと大人も、遊びながら体験できるいい機会になったようでよかったです(^ ^)

ノリさん、ありがとうございました!

 

●イザ!カエルキャラバンを出張希望のみなさまへ

実施には、打ち合わせをしてから約2週間程準備期間が必要です。すでに繰り返し取り組んでいて自分たちで運営希望の方には、道具貸し出しのみも対応しています。お問合せは、大工村事務局まで。

※ご依頼にあたっては、大工村の広報誌配布にご協力をお願いしています。

 

切迫する電力供給。あなたならどうやって節約する?

湿度調整に優れた設備のエアコン。使いすぎは電力のムダ!

ということはなく、すっかり一年中お世話になるようになりましたね。さぁ、今年も暑さがやってきます。フィルターの掃除をして、試運転でチェック!というところへ、今回は少し驚きのお話かもしれません...。

 

先日新聞記事に、経済産業省が2021年夏と冬に私たちが消費する電力を試算したところ、「需要に対して供給が厳しい状況」という結果が掲載されていました。

 

北海道と沖縄を除く地域で電力供給が切迫するということが数字で示され、いよいよ各家庭でも本格的な対策の必要性が迫っている流れを感じます。

 

これも「脱炭素」の取り組みにも繋がりますので、具体的な住まいの改善を検討される方には政府の動きをみながら、無理なくできることに取り組んでいただければと思います。

 

政府は、政策の「骨太方針」骨子を出しています。

4つのテーマがあり、子育て、最低賃金、財政再建そして脱炭素という構成です。

 

暮らしのエネルギーを削減するための政策は「脱炭素」。

戸建て住宅の分野では、省エネになるような高性能な家づくりが必須となり、そういった家の建築数が増えるような呼びかけから支援策に期待したいところです。

 

年々、自然環境が厳しくなる一方で、健康な暮らしも同時に手に入れたい意識が高まっています。我慢しながら省エネの暮らしをするのではなく、安心して健やかな生活が送れるよう高性能な家を無理なく建築できるよう、大工村は活動していきたいと思います!

 

 

やってきた梅雨!目に見えない水蒸気と仲良く過ごすコツは?

木の家に住めば、梅雨なんて関係ないよ!と、元気な呼びかけをしたいところですが。

雨の日は髪がまとまりにくく、雨具持参で荷物が増える...というわずらわしさにいつもより疲れを感じている方も多いのでは?

 

「梅雨ストレス」という言葉があるように、この季節は低気圧の影響で副交感神経が優位になり、だるさややる気のなさを感じやすくなるそうです。

 

梅雨時期に不快を感じる原因となる、湿度。

子どものころ、湿度の特徴や仕組みを習いましたよね?改めて、もう一度おさらいしてみませんか?

 

私たちからオススメサイトをご紹介!

●加湿.net >> https://www.xn--yfro26d.net/

 

現代の家は高気密高断熱となり、換気不足になるととたんに室内の水蒸気が結露やカビへと変わります。その影響は例えば、家具の裏側や押し入れの中の収納物で見られます。でも、適度な水分があることでいいこともありますね。

 

例えば、今の家づくりでは、家の中の空気の換気量を見える化(数値化)して、1日中快適な状況を事前に数値で計画する事が出来ます。最近注目されている二酸化炭素濃度もしっかりとした換気計画でコントロールできますよ!

 

湿度だけではなく、様々な住環境に及ぼす要因をしっかりと事前検討できる時代です。気になる方は家づくりをはじめる前に相談してくださいね。その辺りまでしっかりと話をしてくれる工務店さんをご紹介させていただきます。

 

梅雨のじめじめの時でも快適な家づくりは大工村まで!

 

 

木の家を計画中の方へ|ウッドショックの影響について

木の家づくりを応援している大工村!

さて今回は、最近新聞でも取り上げられている「ウッドショック」に関する内容をお届けしたいと思います。

 

まさに今、家づくりを計画中の方にとってのご心配ごとと思いますので、少しでもお役に立てれば嬉しく思います(^ ^)

 

建築用木材不足とそれによる価格高騰のウッドショックの原因は、みなさまも概ねご存知のことかと思います。大工村としては、お客様の立場となり「スケジュールや価格面で、当初の計画通り家づくりができるのか?」というお気持ちに寄り添ったお話をしたい...。

 

そこで、大工村理事長のノリさんへご自身が経営している材木屋さんの株式会社カワイでのお仕事からコメントをもらいました!

 

======

こんにちは!大工村のノリさんこと、株式会社カワイの川合です。

 

木材業界への影響が今後どうなるか、いつまで続くのか。先行きに不安が募るウッドショックという状況下で、大工村メンバーの工務店さんやそちらを通じてお客様のご心配の声を耳にする毎日で、本当にどうしたものかと思うところです。

 

そこで私がお取引のみなさまへお伝えしているのは、戸建て住宅を建てるのにあたって材種指定をせず、まずは必ず構造計算を行って検討するところから始めてください、と工務店さんへお願いしています。まずは、計算で出た結果から樹種を選定する。そうすれば、選択肢を広げることとなり対策の一つになるからです。

 

例えば、梁一つでもホワイトウッド、レッドウッド、米松、杉、ヒノキがあります。樹種への強いこだわりを優先することを一旦脇に置いて、必要な強度に基づいて材を選ぶという方法へ変えてみていただくということです。

 

無垢材だけでなく集成材へも同様に価格高騰の影響が出ていますが、コストだけでなくあくまでも住宅の性能を保つ上でのデータに基づいた選択肢の幅を広げて考えて行けるようになることが求められている気がします。

======

 

こちらのウッドショックに関しては、今後も状況の変化を注意深く見守っていきながら対策をとっていくこととなります。

 

ご相談や詳しい説明をお聞きになりたい方は、大工村ツアーズorリブスクカフェ(DIYスタジオでやってます!)へ、ぜひご参加ください。

ご案内役のノリさんが、業界のリアルな情報とともにお話をさせていただきます!ご参加お待ちしています。

 

 

補助金活用で高性能な家づくり応援!令和3年度地域型グリーン化事業の解説

木造で新築戸建の計画をされている方へ!

今回も大工村から"実のある"応援情報をお届けしたいと思います(^ ^)

 

 

それは「地域型グリーン化事業の解説を利用した最大補助金額は170万円」という情報です!

この補助金を元に、ぜひ高性能な家づくりを選んで、長く暮らす時にかかるお金の負担が減る家をつくっていただきたいと思います。

 

では、「最大補助金額170万円」の解説です。

補助金額算定の仕組みとしては、家の性能の基準が長期優良住宅もしくはZEHであることです。こちらに加えて【省エネ強化、若者・子育て世帯、三世代同居、地域材】の4項目が条件に従い加算されることによって、最大補助金額が170万円となります。

 

長期やZEHの家にしよう!と考えたとたん予算オーバーになりそう...という不安があると思いますが、"予算オーバー"部分は補助金を活用し、安心して基本性能をグレードアップしていけばいいんですね。

 

大工村メンバーの工務店さんが、家の性能グレードとイニシャルコスト、ランニングコストをシミュレーションしたところ「平成28年基準性能の家は、8年目でG1基準の家のランニングコストを超える。」という結果が出たそうです。

 

温熱対費用グラフ[大工村版].jpg 

 

住んでからかかる費用を抑えるには、建てる時にしっかりお金をかけよう、というところに話は落ち着きますね。

ぜひ、補助金を積極的に活用する家づくりをお勧めしたいと思います!

 

大工村ではこれからの大きくなる子どもたちがこの地域でのびのびと大人と触れ合う体験を重ねられるそんな豊かな地域社会を作っていきたいと思っています。それを実現するためには、やはり住まいの高性能化は必須です!

前のページ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11