大工村

大工村公式ブログ
世界の動きを見ながら、家づくりのお金を考える〜お金の専門家インタビュー紹介〜

こんにちは 大工村です!

いつも配信をご覧いただきありがとうございます!

大工村では家づくりやリフォームに役立つ情報を発信しています。その中でも反響や興味の声が多いのがお金に関すること。そのため、大工村のホームページを見ていただくと「家づくりを支える匠」にさまざまな専門家をご紹介しています!

 

そこで今回は家づくりを支える匠の一人であるファイナンシャルプランナーの鈴木聡さんに、最近のご相談事例を交えて家づくりとお金のお話しについてインタビューしてみました!早速内容をご紹介したいと思います!

 

インタビューに協力してくださったのは、ふくろいFP SERVISESERVISE(静岡県袋井市・https://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/)の鈴木聡さんです!

 

Q)お金の話題全般として、金利の動きが家づくりに影響があることと思って見ていますが、実際のお客様の動きはどんな様子なのでしょうか?

A)最近も家を買いたいというご相談をいただき、ちょうどお客様とお会いしてきたところでした。私としては、今後金利がどうなるか?ということから考えるのは「金利よりも、自分たちの収入でどのくらいの家が買えるのか?返済していけるか?」という所をいつも見ています。

 

Q)周りの動きよりも、自分たちの状況に目を向けるということですね!

A)例えば、土地も含めて概ね予算額が決まり、その金額が(住宅ローンの返済で)家計を圧迫してしまうのか、余裕があるのかをチェックしていきます。

実際、ご主人だけの年収でやっていこうと計画したけど奥さんも働かなきゃいけない方もいらっしゃいますし、初めから共働きで計画する方もいらっしゃいます。働くのは1、2馬力なのか、お子さんを大学にいく計画を踏まえながら見通していかないといけません。

お金の計画は、大きな考え方として、将来を含めてどういった人生を送りたいか、を描いていただくことが大切なんです。

25108279_s.jpg

 

Q)それでも現実的な3年後5年後くらいの見通しをお聞きしたいのですが...。

A)金利といった将来のお金の動きというのは、どうなるかは分からないんです。

 

注目してもいいと思うのは、先日、日銀新総裁候補が国会で今後の日銀の政策について基本的な考え方を述べました内容です。現在の日銀の政策は踏襲すると言いつつも、含みを持たせた説明でした。ですので、今年は日銀の政策は変わらないと思いますが、突如サプライズで政策変更して金利が動く(当面は固定金利が上がる方向)ことも考えられます。

 

その代わり、私たちがご説明できるのは住宅ローンの金利がどう動くものなのかのしくみです。それをお客様にご理解いただき、時々に判断する際の参考にしていただくようにしています。

 

Q)よくかりました!ありがとうございます。では、これから家づくりを計画されている方へ、家づくりのお金を計画する上でのアドバイスをお聞かせください!

A)コロナ禍で起きたこととして、去年の秋くらいから徐々に国内は行動制限が解除され、一方欧米は1年前からその状態となり経済が回復、需要が盛り上がりました。その影響で木材価格高騰のウッドショック、ウクライナ侵攻によるロシア産木材の輸出禁止による木材価格上昇、そして円安となってます。

データを見ている分には、アメリカは金利が上がりどんどん住宅価格が高騰しましたが去年初夏にはピークを迎えています。その結果住宅着工数が落ち始めていて、それに伴って金利も下がってきています。

 

この動きは遅れて日本に重なってくると思いますので、慌てて家を建てないように、というのが今の私の見解です。「いい土地に出会えた!」という時はついつい焦ってしまいがちですが、住宅価格はまだ下がるかもしれません。そういった感覚を持っていて欲しいです。 

ただ、金利はどうなるかが読めません。日銀総裁が交代しますので、その後の政策に注目し見極めてお客様との仕事を進めていきたいと思っています。



鈴木さん、詳しいお話をたくさん聞かせていただきありがとうございました。

引き続き鈴木さんへは、家づくりを支える匠として大工村を通じてご相談できるようになっています。ご自身だけでは判断が難しいことこそ、専門家に意見を求めてみるのが堅実な家づくりへの近道ではないでしょうか?

 

大工村ではこれからも地域のみなさんが安心して暮らせる様な情報を発信していきたいと思います!

 

【大工村動画*アンケートに答えて限定動画を見よう!*】

これから家を建てたい人必見!家づくりを真剣に考えている方へプロがアドバイスしています。

↓↓↓ぜひご覧ください♪

https://www.youtube.com/watch?v=uFEMIaFb4nA

プレゼント企画あり♪カホンプロジェクトはワンステップライブ2023(4/15)に参加します!

こんにちは 大工村です!

待ち侘びていた対面でのイベントがいよいよスタートできそうな兆しですね!そんな中で多くの方が集まるイベント会場へ、大工村は「カホンプロジェクト」で出展が決まりました。こうしてお知らせできることを嬉しく思います。

 

では、早速ですがイベントのご案内です。

 

大工村は カホンプロジェクトで参加!.jpg

 

内容は、2つ!

まず1つ目は出展するイベントについて。

 

2023年4月15日(土) ワンステップライブ2023

場所:静岡県掛川市 つま恋リゾート彩の郷にて

 

・ONE STEP LIVE オフィシャルサイト>>https://onesteplive.com/

 

こちらのイベントは、野外音楽フェス♪

芝生が広がる大きなスペースで、のびのびと音楽を楽しむイベントです。大工村の企画するカホンを作って、一緒に音色を奏で合ってみませんか?

 

(参考)カホンプロジェクトの説明はこちらをご覧ください。>>https://daikumura.com/blog/hitorigoto/2016/09/93.html?fbclid=IwAR0SA5NLS-YbYt-ajYYZWwsVJ-X61pmiZqUd0ZqiIYPl38fQcbAJt8CzWKE

 

そして、2つ目!

 

\プレゼント企画/

今回大工村では、ワンステップライブ2023入場チケット(7,800円/人(自由席、税込))を、抽選で5名様にプレゼント!ぜひご応募くださいね♪

 

応募方法:SNS(フェイスブック・インスタからこの期間中にメッセージ)へお名前、TEL、メールアドレス をお知らせください。尚、1アカウントから1枚の応募とさせていただきます。

当選の方には、大工村事務局からご連絡を持って報告させていただきます。

 

応募期間:2023年3月20日まで

〜チケットについて〜

※お子さんは、保護者 1 名につき 2 名まで中学生以下無料入場が出来ます。 

※保護者は下記入場券が必要です。

 

問い合わせはいつでも大工村事務局までご連絡くださいね。お待ちしています。

 

【大工村動画*アンケートに答えて限定動画を見よう!*】

これから家を建てたい人必見!家づくりを真剣に考えている方へプロがアドバイスしています。

↓↓↓ぜひご覧ください♪

断熱改修リフォームのハードルは高い!?断熱施工の専門家インタビュー紹介〜

いつも大工村の配信をご覧いただきありがとうございます!

日頃住まいの快適性を高めるリフォーム相談をお聞きしている大工村のノリさんから「我が家の断熱改修リフォームの施工をしてくれた方で、詳しくお話を聞ける方がいるのでインタビューしてみましょう!」とオススメがありました。そこで、寒い季節だからこその話題ということで、早速お話をお伺いしましたので、ご紹介したいと思います!

 

インタビューに協力してくださったのは、グラウンド・ワークス株式会社(静岡県袋井市・https://www.ground-works.biz/)の小松直樹さんです!

 

Q)ちょうど冬の時期になり、今は光熱費の高騰が気になるところですね。この状況から、小松さんから見て一般のお客様の暮らしの様子で気になることはどんなことでしょうか?

A)コロナ禍の生活が続き、そして昨年11月以降は電気代の明細が来て驚かれている方も多いと思います。そのため、暖房を使うことを躊躇している方が多いと感じています。暖房の使い方をなんとか節約しようと考えている方がいっぱいいるのだろうな、と。

もちろん暮らし方の工夫は大事なことですが、それだけでなく建築として改善できる方法があるんです。それが「断熱改修リフォーム」です。

 

Q)断熱を強化する工事は、リフォームとしてはハードルが高い印象ですが、どうでしょうか。

A)はい、そうなんです。リフォームといえば、外壁の塗り替えやキッチンを入れ替えるようなことが思い浮かんで、「寒さは我慢するしかない」と思っている方が大半だろうと思います。理由は色々あると思いますが、まずは、暑さ寒さを解消するリフォームがあること自体の認知度が低いということです。今住んでいる家を建て替えまでしなくても、リフォームできますので、選択肢としてあるんだ、ということを知って欲しいですし、何より「我慢しなくてもいいんだよ」とお伝えしたいですね。

 

 

 

Q)この記事が断熱改修リフォームを知るきっかけになって、検討していただけたら嬉しいですね。

A)そうですね、まずは断熱改修を難しく考えないで欲しいと思います。どうしてもこのリフォームの場合「住みながらできるのか?」や、お金といった見えないものが多く、一歩が踏み出せない方が多いのも実感しています。ただ、幸いにも今は補助金が活用できるチャンス!そして、工事のやり方では過ごす時間が長い場所を選んで計画していただければ、現実味が湧いてくると思います。

 

Q)なるほど、そのくらいの規模ならイメージできそうな気がします。

A)例えば、内窓の取り付けも断熱改修リフォームの一つです。リビングやキッチン、寝室の内窓設置であれば、およそ1日で工事ができます。費用も数十万円からできますので日常生活を送りながら負担なくできるのでオススメです。

 

Q)小松さん、具体的なご提案をありがとうございます。では、最後に断熱施工の専門家としての現場の様子を聞かせていただけますか?

A)私たちは、断熱改修相談があると、サーモカメラを持って現場に行きます。どこが寒いのか?といった「寒さの要因」を探すことから始めて、その結果、寒さでは窓や床が断熱が弱く、夏の暑さでは天井断熱の弱さが要因として多いことが分かっています。

 

●参考 一日で施工可能! 住みながらできる天井断熱リフォーム

ブログ>https://www.ground-works.biz/archives/blog/20211124

YouTube> 

次に、要因を見つけたらどこに定めて工事をすると費用対効果がいいかを調整していきます。数百万円のリフォームになってしまうと、ほとんどの方が諦めてしまいますので、一番弱いところから補強していくように考えてもらった方が断熱改修のハードルが下がります。1日、2日の期間で暮らしながらできるリフォームをはじめとして、いっぱい方法があるんだよということを知っていただけたらと思います。

 

小松さん、詳しいお話をたくさん聞かせていただきありがとうございました。

大工村ではこれからも地域のみなさんが安心して暮らせる様な情報を発信していきたいと思います!

 

2023年はワンストップで利用できるリフォームの補助金情報のお知らせ

いつも配信をご覧いただきありがとうございます!

大工村では、地域の方の暮らしに寄り添った活動を心がけています。特に暑い、寒いといった快適性に関するご相談には自然環境の変化に伴って増えていると感じています。

 

そこで、今回お知らせしたいのが2023年度のリフォームに関する補助金・助成金情報です!こちらは、国が2050年カーボンニュートラル実現に向けて、住宅の省エネ化を強く推進するためのものとして計画されました。住まいの断熱性を高め、暮らしのエネルギー消費を減らしながら過ごしやすい環境づくりのための「省エネリフォーム」に焦点を絞った内容になっています。

 

そして、この補助金のもっとも大きな特徴は運用が違う省庁が連携したところ(下記の1、2、3が連携)。申請者となる関係者の方にとっても嬉しいところではないでしょうか?一定の要件をクリアする必要がありますが、まずは内容を調べていただき計画中の方は工務店さんに相談して、チャレンジの選択肢にしてみてはいかがでしょうか?

 

〜「住宅省エネ2023キャンペーン」〜

1)住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業(経済産業省・環境省)

2)こどもエコ住まい支援事業(国土交通省)

3)高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金(経済産業省)

 

大工村からオススメのリフォームは内窓の設置です♪

「1)住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業」で、上限200万円/戸が申請できます。内窓設置は、工事がリフォームであること、1つの契約で最大3つの補助金を申請できますが、他の補助金で窓を重複した申請は認められていませんのでご注意ください。

 

詳細は、下記のサイトで内容をお確かめください。

●住宅省エネ2023キャンペーン総合サイト https://jutaku-shoene2023.mlit.go.jp/

 

【大工村動画*アンケートに答えて限定動画を見よう!*】

これから家を建てたい人必見!家づくりを真剣に考えている方へプロがアドバイスしています。

↓↓↓ぜひご覧ください♪

https://www.youtube.com/watch?v=uFEMIaFb4nA

大工村新メンバー紹介♪有限会社山与清水建築

いつも大工村の発信をご覧いただきありがとうございます!
寒さが身に染みる毎日をお過ごしのことと思います。みなさんお元気でしょうか?

 

【有限会社山与清水建築】

https://yamayo-shimizu.jp/

 

地元の大須賀町に根差し家をつくることはもちろん、地元の協力業者さんとのつながりも長く続けている山与清水建築さん。現在二代目の社長が経営する会社は、昭和34年(1959年)に創業。お客様のご要望を自社設計施工で対応し、お引き渡し後も末長く寄り添う姿勢で仕事に取り組む工務店さんです。

 

 




今回大工村へ入った【きっかけ】を清水宗久さんにお聞きしました。

「古くから地元の建材屋さんとのつながりがある中で、株式会社カワイさんとも取引がありました。そこで担当の方を通じて大工村の存在を教えてもらいました。魅力だったのは、地域住宅グリーン化事業といった補助金の活用ができることでした。グループに入ることで利用できるスケールメリットが直接お客様へも還元できますので、みんなが喜ばしいことですね。他は、住宅業界の最新情報を提供してもらえます。こちらも当社だけではパワービルダーに太刀打ちできないので、魅力に感じたところです。」

 

 

そして、【山与清水建築の家づくりの特徴】をお聞きしました。

「お客様の好みを聞いて、一緒につくっていくのが当社の家づくりなので決まりきった形はありません。こだわりは、構造的な強さ、見えなくなるところを妥協しないこと。それは将来的なリフォームにとってもいいことで、断熱は特に初めから基準以上のものをご提案しています。OB様からは「エアコンが良く効きます。断熱性能がいいんですね」という声をいただいたことがあり嬉しく思ったほどです。お客様のご要望に対してプロとしてできることできないことをわかりやすく説明し、デメリットがあればそれをクリアしながら、一緒により良いものを考えていくようにしています。」

 

では、最後に、大工村に加わった【これからの抱負】をどうぞ!

「少人数でやっているからこその小回りのよさが当社の強みです。ご要望にはスピーディーさを持って対応します。住まいのことで困ったことがあったら、お気軽に声をかけてください!お客様に寄り添った工事をさせていただきます。」

 

 

【大工村動画*アンケートに答えて限定動画を見よう!*】

これから家を建てたい人必見!家づくりを真剣に考えている方へプロがアドバイスしています。

↓↓↓ぜひご覧ください♪

https://www.youtube.com/watch?v=uFEMIaFb4nA

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11